TUYỂN DỤNG TẠI VIỆT NAM - ベトナム市場における

ベトナム市場における

ベトナム市場における「優秀な社員」
を会社に繋ぎ止めるコツ

ベトナムでの転職率が高いといわれていますが、その原因も様々です。しかし、弊社(ゴールデンイラNo1日本語翻訳会社、総合サポートコールセンター)は転職が高い原因は一つのみであると考えています:就職できる可能性が高いからです。
社員は会社を支え、会社の貴重な財産であるが、優秀な社員が会社を退職すると、大きな損失になると思います。
であれば、転職が多いベトナムでは、どのように社員を会社に繋ぎ止めるられるか、以下で弊社(ゴールデンイラNo1日本語翻訳会社、総合サポートコールセンター)が紹介いたします。

人を会社に繋ぎとめるには、「給料」ではなく「職場環境づくり」に注力すべきである。

といっても、給料や制度を軽視するわけではない。先ず、労働者に払う給料の話ですが、どのように扱えば良いか弊社(ゴールデンイラNo1日本語翻訳会社、総合サポートコールセンター)の取り扱い方を紹介致します。
1.1. 給与制度の平準化
ベトナムでは労働者の種類を大きく分けると、「手足業務」と「事務業務」という二つ種類が挙げられます。
手足業務の中に(工場内ワーカー(行員)、飲食店でのウエーター、ホテル内の掃除人、警備員など)の給料が割りと低く、月給が250ドルから、所によって300ドルからと設定するところが多いです。給料が低いにも関わらず、年間昇給がなく、給料以外は他の制度も有りません。
他の発展国(日本、オーストラリアなど)では、「手足業務と事務職」の間の取得格差があまり離れていない為、いずれの業務をしても労働者は安心して生活を過ごせます。
事務業務の中には、公務員、民家企業のサラリーマンや自由経営者などがあります。ベトナムでは、特に公務員(公立大学、学校の先生、行政機関の公務員、警察など)の仕事に人気が高いが、実はベトナムでの公務員の給料は「手足業務」に着く労働者とはあまり変わりません。しかし、人気が高いのは、先ず年金が確保され、給料以外は、様々な金銭的な利益も受けることが出来るからです。そして、民間企業におけるサラリーマンも事務業務の一つのパーターンで、一般労働者のうち、給料がもっとも高い職業と言われています。しかし、この民間企業のうち、主にさしているのは「外国企業」です。外国企業といえば次の国の企業を示します:日系企業、欧米企業、シンガポール企業など。その他の国も同じ外国であるが、(台湾、中国企業、タイ企業)ベトナムでは二流企業しか見られていません。
会社により制度が多少異なりますが、基本的に労働者に支払う賃金は以下です。
• 新卒:400ドル~(月給)
• 事務スタッフ(総務など):500ドル~(または400ドル~)
• セールスマン:700ドル~(インセンティブ制度の適用ところもあり)
• 管理職:1000ドル~
• 通訳者(レベルにより):600ドル~
• ヨーロッパ系企業(役職によりますが):2000ドル~
• 財務関係業界におけるマネジャー:3000ドル~
ベトナムでは、大部分の製造企業は「手足労働者」と「事務労働者」も扱い、支払っている給料もおおむね以上の通りで、行員は250ドル、事務社員が500ドルからとするところが多いです。
ただ、様々な原因で、弊社では別の給与制度を設定しました。それは「給与制度の平準化」という対策です。
• 「平準化」というのは、文字通り、皆すべての基準で給料を平等化する。給与制度といえば、仕事が「手足」か「事務」であるかをを問わず、先ず労働者の実際の生活で必要とされる費用を考え、支払うこと。弊社では手足労働者を扱っていませんが、事務スタッフの単なる仕事でも市場よりかなり高い給料を払っています。逆に通訳翻訳の業務に就くスタッフは他の会社に比べ、少し低めに支払っているが、「職場環境」のほかの要素で人を会社に定着させます。もっと高い給料を払っている他の会社に比べ、弊社のスタッフがかなり会社と長く働いていてくれています。
• 具体的に:他の会社(日系企業でも)では総務スタッフの手取り給料が約七百マンドン(300ドル)であるが、Golden Eraでは八百五十マンドン(400ドル)も払っています。
• 原因は:計算してみると、ホーチミン市に住むためには、家賃、交通費、生活費などを入れ最低でも一ヶ月400ドルが必要ではないかと私は判断します。市場では確かに総務や経理などの社員に高く払っていないが、その給料でどうしても暗転して働くことができないはずです。

• 逆に、日本語のスタッフに他の会社よりも低く払っているのは、先ず会社予算都合もあるし、面談時も候補者に正直に「弊社が小さな会社であるが、高い給料を支払えないが、勤務制度が非常に柔軟的で、残業もあまりなく、週は5日のみ勤務、更に働く環境にはあまりストレスがない。毎年の昇給は会社の売り上げにより査定するが、ボーナスもあるので、将来は社員がもっと所得を挙げられる制度を検討するという」。

• 私自身は、社員の給料がどこの社会にとっても大きな負担であると思います。ただ、一番嫌いなのは「給料」のみのために働く社員。給料のためなら、いつか会社をやめるはずですから、給料を重視する社員よりも、小さな会社でも自社の方向性にあった、同じ視線で見たスタッフを選ぶのは弊社の主張です。

• まとめますが、社員の給料を検討する際に、市場基準ではなく、ベトナムで安定的な生活を過ごすために必要な生活費を最低な賃金として扱います。

1.2. 環境構築の工夫
人を会社に定着させる為に、私は、もっとも重要なのは「勤務環境づくり」であると思います。その為、弊社では以下のことをコアバリューとして環境を築いています。
私は、ベトナムで活躍される日系企業様に一番気づいていることは「あまりベトナムのスタッフを信じない」:)ことです。
その為、先ず以下のことを提案致します。

(1) 社員への信頼
海外で働くと、やはり様々な局面で心配ですね。しかし、人として一番望むことは信頼されることです。その為、ベトナムスタッフと供に働くときは、特に何も根拠がないときは自分のスタッフを信頼しましょう。

(2) 勤務時間に柔軟性のある環境へ
これは非常に大事なことです。

• 家族第一文化:ベトナムの文化は家族を第一に考える文化である為、仕事に没頭せず好きな人と過ごす時間も確保したいと考える人が多いです。その為、仕事とプライべートのバランスを取れる環境を築くのは非常に重要です。勤務日でも、家族の用事(親戚の結婚、家族の行事)などがある際に、直ぐに休暇を取れ、解決する時間の余裕のある環境がベストであると考えるベトナム労働者が少なくないはずです。

• 共働き文化

Bình luận (0)

Gửi bình luận của bạn

Captcha

HOTLINE ホットライン


0382155900

FACEBOOK フェースブック

THỐNG KÊ LƯỢT XEM

Tổng truy cập: 38,150

Đang online: 0

Scroll